ネット総合病院の公式ホームページのご案内

ネット総合病院はその名の通り、医薬品をネット通販で購入することができます。公式ホームページを利用する際には会員登録が必要ですが、登録することで、公式ホームページで取り扱われているすべての医薬品を購入することができるようになります。

 

通販で医薬品を購入することは、以前、国内でも議論が交わされました。病院や薬局が自宅の近くになく、医薬品を手に入れるためだけのために、長距離の移動を余儀なくされていた方にとっては、医薬品のネット通販はとても助かるものです。

反対に、医薬品をネットで販売するものにとっては、患者(注文者)の症状を読み取ることができずに、本当に適している医薬品なのかを見極めることが難しい。また、症状に必要な医薬品とは違うものが注文されたとしても判断することができない。そのために、医薬品による、健康被害が出ることが想定されるという意見もあり、医薬品のネット通販というものは賛否両論です。

 

ネット総合病院の公式ホームページでの医薬品の購入は、通常のネット通販ではなく、個人輸入という形式をとることになります。個人輸入とは、個人的使用目的に限り、海外の医薬品を輸入することを認めている制度のことです。このルールさえ守っていれば、海外の医薬品を取り寄せることができます。その注文窓口の役割を果たしているのが、ネット総合病院の公式ホームページなのです。

 

ネット総合病院の公式ホームページで取り扱われている医薬品は、実は、国内で購入するよりも安いことがたくさんあります。それは、同じ成分で同じ名称の医薬品でもです。これは、海外の医薬品の価格が、日本国内よりも安いことが原因です。海外からの輸送費を加えたとしても、その差額が埋まるものではないので、ネット総合病院から購入した方が安いと、利用者からの感想は上々のようです。

 

また、症状によっては、薬だけほしいのだけれどもというときもしばしばあります。しかし、薬局でも医師の診察結果や処方箋がないと、出してくれない医薬品などがあり、どうしても診察を受けなくてはいけないことがありますが、できれば診察を無しで医薬品だけほしいという考え方を持つ人もいます。

 

まさに、このような考えの方にとっては、ネット総合病院はとてもぴったりなサービスを行っているといえます。これからの時代は、医薬品はネットで購入する時代がやってくるのでしょうね。早いうちから、その操作方法や制度に慣れておいた方がいいのかもしれませんね。

ネット総合病院の注文方法について

ネット総合病院の公式ホームページからは、海外の医薬品の注文を行うことができます。このことを個人輸入と呼び、通常のネット通販とは異なることがありますので、注意が必要です。

 

ネット総合病院では注文をするためには、まず、会員登録を行う必要があります。簡単な情報を入力するだけのものなので、作業的には5分とかからずに済ませることができるでしょう。

 

注文する際には、ネット総合病院のホームページに設置されている検索窓を利用されるといいでしょう。商品名が分かっている人は商品名を、商品名が分からなくて、症状や成分などからでも商品を探し出すことができます。

 

ほしい商品の数量を確定して、カートに入れるます。次に発送先情報を入力します。ネット総合病院では発送先を郵便局に指定することができるので、自宅での荷物受け取りが困難な方は、郵便局留めを利用されるといいでしょう。

 

最後に支払方法を指定して注文は完了します。注文完了後に支払いがネット総合病院の方で確認することができた時点で、商品の発送が行われます。注文した商品を早くほしい場合には、入金が早いクレジットカード決算を行うといいでしょう。

ネット総合病院の送料について

ネット総合病院では送料負担700円で商品を発送してくれます。海外からの輸送距離を考えると、価格相応の対応をしてくれていると、多くのユーザーの送料には納得している人がほとんどのようです。

 

また、注文金額が一定金額を超えると送料が無料になるサービスをネット総合病院でも行っています。そのために、注文される方のほとんどが7000円を超える注文になるように、調整をして購入をしておられるようです。

 

他の個人輸入サイトでは、すべての注文が送料無料になる業者も存在します。しかし、これは個人的な考えですが、販売価格がネット総合病院と比べて高く設定されているのではないかと思います。その差額を送料に充てることによって、送料無料という表現を行っているのではと考えています。

 

もちろん、送料と商品代金の合計金額が、注文者の負担となるので、ネット総合びょいんで購入した際の商品代金と送料の合計金額と、全品送料無料の他の個人輸入業者の商品販売価格とを比べてみて、どちらの方がお得なのかをじっくりと考えてみてもいいでしょう。

 

もちろん、商品の価値は送料の負担の大きさには関係ないので、品質を重視してネット総合病院を選んでいる方も、おられるようですね。


更新履歴